FC2ブログ
http://kasaibuzzer666.blog50.fc2.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 梨目久
 
[スポンサー広告
ネウロって漫画について本気出して考えてみた
思いあまって今から笹漫画描こうとしてるんですけど…コピーだけど…
間に合うかな
時間的にもだけど精神的にも耐えうるかどうか…!
ネウヤコラブコメもネーム描いてみたら30ページ越えなんですけど。
でもオンリーでだしたい…!!

またあの人間的生活を放棄すればなんとかならんか(そこまでしていったい何を得ようとしているのか…)

今週本誌も…草むらに飛び込んで転がりたくなった
▼感想…すごーく真面目です。長い。

うおおお…やはり…だめでしたか…

あーあー…あ~~!!もう…警察の面々が…先生の表情のかき分けすごすぎる
はぁああうすいさんんん!
もう笛吹さん。なんだろうこの人は…すごいよ…
笛吹さんらしい反応なんだけど、そんな単純ではなくて
自分が腑抜けて部下を戸惑わせることは絶対ないと笹塚なら思うから
それに答える為に、まさに笛吹さんらしい反応になってるというか
ただ悲しいのをこらえてるんじゃなくて、その信頼を裏切らない為にものすごく努めている感じがする。うまくいえないんですけど
強い人ではなくて(我慢出来るのが強い人とは思わないので)誠実な人だなー、と
笛吹さんというキャラに今更ながら深く考えてしまったよ…
ヤコちゃんは「ああ、またこの悲しみがきた」って感じで…
逆に悲しすぎると泣き叫んだり出来なかったりするんだろうなー
ヤコちゃんのモノローグがなくて怖いです。それをずっと考えてたのか、自分を責めたりもきっとしてるんだろうな
というかネウロがショック受けてたのにドキッとした!
我が輩よくわからんがとか言ってるけど、それそれ!それが『かなしい』って感情だよ!
ネウロから喪失感とか…言葉がでた時点で床に頭ぶつけたい(いいようのない悶え)

前回ではもう悲しみばっかだったんですが
今回の読んでネウロという漫画に深く感動した
魔人対血族とかいってるけど、自分の身近な人も失われることがあるんだよってゆう
ヒーローと怪獣が闘うような遠い世界の話でなくて
あくまで人間が存在してる話で、決して他人事じゃないんだと。
無関係でいさせない
笹塚の死で思い知らせたというか
そう思うと、なくてはならない展開だったのかなぁと思います。笹塚以外にこの役割を果たせる人はいないだろうし…
ただキャラ愛が強いのでやっぱ生きてて欲しいんですけど!!ジレンマ…
回想シーンでのみ召喚できるキャラになっちゃったかな…
でもあとあときっと出てくると信じてる。竹田刑事、早乙女社長の例もあるしね

もう怒濤につぐ怒濤の展開なので、もう煮るなり焼くなりどうにでもしろ!(大の字)
ってやりたくなる。いや、誰もどうにもしてはくれませんけど

ものすごい快進撃が待ってる気がする…
石垣がちょうカッコよくなる予感がする…!!
Posted by 梨目久
 
[JUMP感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。