http://kasaibuzzer666.blog50.fc2.com/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 梨目久
 
[スポンサー広告
普段笑わない人の微笑みの爆弾
karasuma.jpg
本誌では暗殺教室が佳境にはいってる感じですが松井先生のことなのでどう展開が転ぶかわからないのでただ毎週の展開を享受するだけなのであった…( ˘ω˘)

▼折りたたみより、先々先週のジャンプの暗殺教室感想(けっこう真面目)

先々先週は烏間とイリーナ先生の会話回(だったはず)
殺せんせーの過去が判明して、それで生徒たちがこのまま先生を暗殺するかどうか、
という葛藤を超え、結果クラス全員で殺せんせーを助ける結論に至った訳ですが
その部分にわずかながらずっとモヤモヤしていた気持ちがあったのです。
E組にとって殺せんせーはかけがえのない先生だけれど
過去には本当にたくさんの、制裁が必要な悪人だけではない、家族や恋人がいる兵士や要人の人も殺しているわけで
その罪、というか罰、というか…超生物になってしまったことがそうなのか
殺せんせーがE組に対して教育を尽くす、というのが償いだとはわかっているけれど
どうにもそれで許されてよいのか…という気持ちも少なからずあったんです。
でもこの回の烏間がイリーナを省庁に勧誘するくだり、
イリーナも手を汚してきて一生この生き方から抜けられない、許されない、と思っていたのを
烏間が人を助けることで償う方法を提示して救い上げたこと
そこが暗に殺せんせーも同じように救い上げられた表現に感じてえらく感激したのでした
犯した罪は償わなければならないもの、だけれどもただ誰かに許されればチャラになるというのもでもなく
自分がどう向き合うか、それを見てくれる人がいるか、それによっても洗われる気がします
なんか上手く言葉にできてませんが…!
地球のみんなーーーーーッ!!!オラに語彙力をーーーッ!!


あと今週にクロスマネジのKAITO先生が帰ってきましたね!
是非頑張って続いてほしいなー
Posted by 梨目久
 
[JUMP感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。